MENU

【画像】アイリーングーはモデルでハーフ!過去の経歴や家族、国籍問題の真相とは!

北京オリンピック2022フリースタイルスキー選手としてメダル有力候補のアイリーン・グーさん。

スキーヤーとしての実力はモチロン、美人でスタイルが良い事で話題となっています。

  • アイリーングーさんのプロフィール
  • アイリーングーさんの国籍問題
  • アイリーングーさんの家族構成

上記について詳しくご紹介をいたします。

目次

プロフィール

アイリーングーのプロフィールまとめ
  • 名前:アイリーン・グー「eileen_gu_」、ネイティブ名「谷爱凌」
  • ニックネーム:アイリーン デアデビル
  • 出生地:サンフランシスコ
  • 生年月日:2003年9月3日 現在18歳 (2022年現在)
  • 身長:「5フィート6インチ」(167cm)
  • 体重:52キロ
  • BMI:18.65 (理想的な体系)
  • 国籍:中国とアメリカ
  • 高校:サンフランシスコ大学高校
  • 大学:スタンフォード大学
  • 職業:フリースタイルスキー選手兼モデル
  • 2021年の純資産:約100万ドル(日本円でおよそ1億円~1億3千万円前後)

以上がプロフィールのまとめとなります。

アメリカ人の父と中国人の母との元、生まれたハーフです。

スキーは3歳から始め、9歳でフリースノーボード・フリースキー連盟にジュニアクラスでチャンピオンに輝きました。

スキーだけではなく、モデルとしても活動や、活躍をされて功績を残しています。

そんなアイリーングーさんの家族構成について続いてご紹介をいたします。

家族構成

母親:YanGu(ヤン・グー)

父親:名前、写真共に非公開 

父親の情報や写真などは出されておらず、ネット上には出ていない可能性が高いとの事です。

母親、父親共に頭が良く、素晴らしい学歴をお持ちです。以下が入学大学となります。

  • 母親:オーバーン大学とロックフェラー大学に入学
  • 父親:ハーバード大学を入学

両親共々、情報がそこまでなく、入学の経歴はありましたが、卒業をしたのか?の情報までは見つかりませんでした。

ただ、世界でも名だたる大学に入学をするほどの頭脳がある事は確かで、両親の素晴らしいDNAが受け継がれた事が理解できます。

アイリーングーの学力は全米上位1%

アイリングーさんはアスリートとしての実力はモチロン、学力も素晴らしく、まさに才色兼備です。

そんなアイリーングー さんの華麗なる学歴についてご紹介をいたします。

以下が簡単にまとめた学歴となります。

  • 高校:サンフランシスコ大学高等学校
  • 大学:スタンフォード大学

上記高校と大学について、個別に詳しく紹介をいたします。

高校:サンフランシスコ大学高等学校

高校時代サンフランシスコ大学高等学校に所属されていたとの事です。

2007年には、ニューズウィークのアメリカの最良の高校のランキングにおいて、SFUSD校区内の7つの高校が全国最良高校の上位から5%の中に入っていた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E7%B5%B1%E4%B8%80%E5%AD%A6%E5%8C%BA

要するに、サンフランシスコで統一をされた校区内で上位5%に入る程の成績がある学校との意味合いです。

おおよそ100の学校が区内にあり、その上位5%との事なので、優秀である事がご理解いただける思います。

そんな優秀な学校を1年で単位をすべて取得し、卒業して飛び級で大学に合格をされました。

その時に、米国大統領奨学金プログラムの候補者に認定されるほどの高い成績を残されたとの事です。

以下が具体的な説明となります。

米国大統領奨学金プログラムの説明:カレッジボードのSATまたはアメリカンカレッジテストプログラムのACTで非常に高いスコア6月、2016)、最高州立学校職員(CSSO)によって指名されるか、優秀な奨学金に基づいてパートナー認定機関の1つによって指名されます。

引用元:https://worldscholarshipforum.com/ja/u-s-presidential-scholars-program/

簡単に説明をすると、「めっちゃ成績が優秀である!」との一言に尽きるかと思われます。

ただ、本人はそのプログラムを利用せず、大学への進学を果たされました。

お家が裕福なのか?とも思いましたが、スタンフォード大学には「学費援助プログラム」があるので、そちらを利用されたのかもしれないですね。

大学:スタンフォード大学

アイリーングーはスタンフォード大学に飛び級で入学の経緯とは!

みなさんご存じ、世界の超超超名門大学!「スタンフォード大学」に初めて飛び級で入学をされたとの事です。

スタンフォード大学に入学する事自体が世界で選ばれし選りすぐりの先鋭のみが入れる狭き門であります。

そのスタンフォード大学の試験を何と高得点をたたき出し、堂々の入学をされたとの事です。

以下がその詳細となります。

SAT(米国の全国学力テスト)1,580点は、アイリーンの点数を上回る受験者が212万人中3,260人しかいなかったことを意味する。彼女の学力は全米上位1%、つまり最上位枠に入るのだ。このような得点を踏まえると、彼女がスタンフォード大学 “史上初” 「高校から飛び級で入学が認められた学生」になったというのも驚きではない。

引用元:https://www.redbull.com/jp-ja/eileen-gu-career-personal-life-portrait#3-1

こちらはまさに、機動戦士ガンダムでの名台詞「ザクとは違うのだよ、ザクとは」の映像が目に浮かぶような印象があります。

アイリーングーの凄すぎる学歴と経歴とは!

以上が アイリーングーのさんの学歴まとめとなります。

アスリートでありながら、博識で、美人!あらゆる才能を兼ね備えたまさに「マーベルヒーロー」のようなお方ですね。

アイリーングーはスーパーモデル!

アイリーングーさんはアスリートとは別に、モデルとしても活動をしています。

ただ、ハイブランドのアンバサダーや、ファッション雑誌の表紙を飾るようなまさにスーパーモデルもされています。

とある中国ブランドに招待されて2019年のパリ・ファッションウィークでモデルデビューを飾ったアイリーンは、その後、中国版『ELLE』『VOGUE』の表紙を飾ると、さらにはティファニールイ・ヴィトンヴィクトリアズ・シークレットなどのトップブランドと仕事を重ねていった。

引用元:https://www.redbull.com/jp-ja/eileen-gu-career-personal-life-portrait#7-

アスリートだけではなく、モデルとしても素晴らしい功績を残されて、成功を収められています。

一部ご紹介をいたします。

原文

My first big magazine cover!! Thank you thank you thank you @instylemagazine for having me in your December issue and naming me one of the top Women of the Times❤️

直訳

私の最初の大きな雑誌の表紙!! 12月号に私を迎えてくれてありがとう@instylemagazine、そして私をタイムズのトップの女性の一人に指名してくれてありがとう❤️

原文

Thank you @louisvuitton for a night I’ll never forget. Congratulations @nicolasghesquiere on your spectacular show, it was an honor to witness your artistry from the front row ❤️

直訳

忘れられない夜をありがとう@louisvuitton。壮大なショーで@nicolasghesquiereおめでとうございます。最前列からあなたの芸術性を目撃できて光栄でした❤️

以上がアイリーングーさんのモデルとしての活動の一部のインスタまとめとなります。

抜群のスタイルと、磨き抜かれた頭脳、圧倒的ビジュアルとまさに完璧超人ですね。

身長は167cmと女性としては高いですが、モデルとしては平均よりも少し小さく感じます。

ただ、股下半分程あるのではないか?と思える程の足の長さが抜群のスタイルの秘訣かもしれないですね。

多重国籍問題について

そんなアイリングーさんですが、国籍が、アメリカと中国との二重国籍となっています。

2019年6月以降から中国国籍で競技に参加をする申し出を国際スキー連盟にされています。

その事に対し、国籍問題が物議を交わしており、批判なども多くあります。

何故中国代表として出場をしたのか?について様々な考察がありますが、本人は以下のようにコメントをされています。

以下訳

来たる2022年冬季オリンピックで中国と競うことにしました。これは私にとって非常に難しい決断でした。米国のスキー&スノーボード(@usfreeskiteam)と中国のスキー協会がビジョンと信念を持ってくれたことに非常に感謝しています。私は自分の夢を実現するために私を誇りに思っています。私は自分の遺産を誇りに思っており、アメリカ人の育成も同様に誇りに思っています。2022年の北京オリンピックの冬季オリンピックで、母が生まれた何百万人もの若者に刺激を与える機会は一度限りです。 -私が愛するスポーツの宣伝に役立つ生涯の機会。スキーを通じて、人々を団結させ、共通の理解を促進し、コミュニケーションを築き、国家間の友情を築くことを望んでいます。私の願いは叶うでしょう。

アイリングーさんが目指す所として、結果だけではなく、「スキーで活躍する姿で多くの人に勇気や希望を与える事」が目的であり、信念であるとの事です。

それと同時に、スキーの素晴らしさを中国の子供たちに知ってほしい!とも思いもあるとの事です。

様々な意見はありますが、自分自身の信念の元に従い行動し、その結果国際スキー連盟が賛同した事により、中国代表での参加となった事が経緯みたいですね。

目次
閉じる