MENU

INI顔面偏差値ランキング!一番のイケメンは誰?ビジュアル担当決定戦開幕!

11月3日に待望のデビューを果たしたINI!日本初のサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」

から誕生し、人気アイドルグループJO1の弟分としてデビューし、早くもオリコンデーリーシングルランキングで1位

を獲得されるとの偉業を成し遂げるほど人気、実力ともに世界トップのグループですが

なんといってもイケメンが多いグループで有名ですが、彼らの顔面偏差値がどれだけのものなのか?

凄く気になったので顔面偏差値を測るアプリで計測してみました。

今回公平を期すために、顔面偏差値を図る事ができる以下の4つのアプリで5回程測定をし、

その中で一番高い数値をもとに偏差値を割り出しております。

AI顔診断アプリ – フェイスタグ

FaceScore

FaceChecker

Prettyscale

上記アプリで出た最高得点の基準の元にランキング形成をしております。

どのようなランキングになるのか?是非楽しんでみていただければ嬉しいです。

目次

顔面偏差値ランキング結果早見表!

INI顔面偏差値イケメンランキング

結果の過程や詳細などは個別に紹介をしておりますが、こちらでは順位と偏差値だけを知りたい!!

とのお忙しい方に向けて結果と数値を紹介いたします

  • 11位:田島将吾:81.75
  • 10位:木村柾哉:82
  • 9位:佐野雄大:82.5
  • 8位:西洸人:82.75
  • 7位:尾崎匠海:83
  • 6位:許豊凡:83
  • 5位:松田迅:83.25
  • 4位:高塚大夢:83.5
  • 3位:池崎理人:84.75
  • 2位:後藤威尊:85
  • 1位:藤牧京介:85.5

以上がランキング早見表となります。以下で個別に詳細をご紹介いたします。

11位:田島将吾 81.75

INI田島将吾顔面偏差値

65

89

90

78

顔の総合評価:B

目の評価:B

鼻:B

口:B

11位は低音ボイスと圧巻のパフォーマンスと圧倒的なスタイルの良さの評価が高い田島将吾君。

迫力のあるパフォーマンスからは想像がつかない程の内内向的で、趣味は読書との知的な一面もありながら

努力家であることもファンの間では有名な話ですね。

そんな田島将吾の顔面偏差値はなんと「 81.75 」と80点を超えてかなりの高得点となります。

初っ端からかなりハイレベルで驚きですが、今後はどんな得点がでてくるのか?

たのしみですね。

10位:木村柾哉  82

INI木村柾哉顔面偏差値

66

91

92

83

顔の総合評価:Aー

目の評価:B

鼻:A

口:A

小顔とダンスの表現力と安定度、きれいな歌声が魅力の 木村柾哉君。

未経験者ながら、ハイレベルなダンス力とプロ顔負けの歌声を併せ持ち

笑顔が魅力的な 木村柾哉君。

https://twitter.com/sX9DlUeSbp7mm6B/status/1452615013437345797?s=20

そんな 木村柾哉君の顔面偏差値は82となります。

高得点争いで 田島将吾君と僅か0.25差となり、ハイレベルな接戦が繰り広げられています。

9位:佐野雄大 82.5

INI佐野雄大顔面偏差値

70

93

87

80

顔の総合評価:A

目の評価:A

鼻:A

口:A

仲間思いなやさしさと持ち前のルックスと天然な所が評価が高い 佐野雄大君

ダンス、歌共に未経験で、なかなかうまく行かない所などもありながら、人一倍ひた向きに

努力をする姿や、仲間がいい評価をもらった時などに自分の事のように心からお祝いができる

人格などがファンからは絶大的な支持があり、INIの癒し担当

https://twitter.com/dadsam0/status/1451926879334666243?s=20

そんな佐野君の顔面偏差値は「 82.5 」と 木村柾哉君とは0.5差と

こちらもかなりの接戦となります。

8位:西洸人 82.75

INI西洸人顔面偏差値

65

86

88

92

顔の総合評価:A

目の評価:A

鼻:A

口:A

キレッキレのダンス、個性あふれるラップと大人の魅力がファンに評価が高い 西洸人君

ダンスのキレや色気が抜群で一部では「INIのダンスマシーン」と言われる程魅力的なダンスと

年上年下関係なく慕われる人望を持ち合わせる程の人格者。

https://twitter.com/hibino_tsumugi/status/1403578528583405574?s=20

そんな西洸人君の顔面偏差値は 「 82.75 」と0.25の差となります。

同率6位:尾崎匠海 83

INI尾崎匠海顔面偏差値

77

83

92

80

顔の総合評価:A

目の評価:A

鼻:S

口:B

歌、ダンス、ラップすべてが卓越されたオールラウンダーな所が評価が高い 尾崎匠海君

表情かつ表現力も豊かで一部では「表情のデパート」のと呼ばれているみたいですね。

歌が上手でダンスも上手で、なおかつコミュ力高くて、すべてをそつなくこなす事ができる

まさにNDK(なんでもできる子)ですね。

そんな 尾崎匠海君の顔面偏差値は「 83 」とまたまた僅差となりました。

同率6位:許豊凡  83

INI許豊凡顔面偏差値

72

86

93

81

顔の総合評価:A

目の評価:A

鼻:A

口:A

4か国語を話せる所と、ダンス担当でありながらメインボーカルもできる所が評価が高い 許豊凡君

日本、中国、韓国、英語を話せる「INIの言語担当」で、普段はゲラで天然で乙女と少し抜けている

所がありますが、ステージに立つと一遍して圧巻のパフォーマンスを発揮して

そのギャップにやられてしまうファンも多いみたいですね。

そんな 許豊凡 君の顔面偏差値が 83と 尾崎匠海君と同率の偏差値となりました。

5位:松田迅  83.25

INI松田迅顔面偏差値

71

90

92

80

顔の総合評価: A+

目の評価:A

鼻:A

口:S

曲線美が映えるダンスと甘い歌声の評価が高い 松田迅君

普段はムードメーカーでまさに「INIの太陽」のような存在でありながら

実は頭良くて人望も厚い元生徒会長であり、なんといっても色気が凄く

儚さを兼ね備えた絶妙な色気にやられてるファンが多いみたいですね。

そんな 松田迅君の顔面偏差値は「 83.25 」と0.25差でのランクインとなります。

4位:高塚大夢 83.5

INI高塚大夢顔面偏差値

70

85

88

91

顔の総合評価: A+

目の評価:A

鼻:S

口:A

迫力&繊細さも兼ね備えた魅力的な歌声と、表情の豊かさの評価が高い高塚大夢君。

かなり高く難しいパートもなんなく歌いこなす程の安定感がある歌声や

様々なシーンでの表情力と表現力にやられてしまっているファンがおおいみたいですね。

そんな 高塚大夢君の顔面偏差値が 83.5 となります。

3位:池崎理人 84.75

INI池崎理人顔面偏差値

78

86

87

88

顔の総合評価:A+

目の評価:S

鼻:A

口:A

イケボからでる重低音の魅力的なラップと10代とは思えない妖艶な色気の評価が高い池崎理人 君

迫力のある重低音のラップと妖艶な色気がある抜群のビジュアルとは裏腹に

同一人物とは思えない変顔スキルなどの飾らない魅力にやられてしまっている方が多いみたいですね。

そんな池崎理人君の顔面偏差値はは「 84.75 」となります。

世界人口の何%がこの域に到達できるのか知りたいですね。

2位:後藤威尊 85

INI後藤威尊顔面偏差値

78

88

89

85

顔の総合評価: A+ +

目の評価:A

鼻:S

口:S

繊細かつダイナミックなダンスパフォーマンスと圧倒的なストイックな所が評価が高い 後藤威尊

ダンスや歌も伸びしろだらけで、なおかつ現状の自分に満足をせず天井知らずの追い込みをかける姿が

ストイック王子と一部では言われる程の真摯にアイドルと向き合っている姿にやられてしまった

ファンの方が多いみたいですね。

そんな後藤威尊君の顔面偏差値は「85 」となり、もはや人類を超えた存在

のような数値をたたき出しました。

1位:藤牧京介 85.5

INI藤牧京介顔面偏差値

74

90

90

88

顔全体の評価:A++

目の評価:S

口の評価:S

鼻の評価:A

音源と変わらない音質と伸びのある声質の魅力と謙虚さが評価されている 藤牧京介君

歌声の魅力が凄く、「練習生が選ぶ歌声が気になるランキング」で1位を取る程

ファンもライバルも認める魅力的な歌声と、他人に対してのリスペクトや感謝など

相手を思いやる純粋な心も持ち合わせている所にやられたファンがおおいみたいですね。

https://twitter.com/kyosukewan5/status/1356036833851764736?s=20

そんな 藤牧京介君の顔面偏差値がなんと驚愕の「 85.5 」と、凄い数字がでてしまいました。

まとめ

INI全メンバーの顔面偏差値が80を超えていた

最高が85.5ともはや人類史上最強れべるだった

INIはビジュアルだけではなく、様々な魅力も兼ね備えたスーパーアイドルグループだった

以上がまとめとなります。

まさにスーパーアイドルグループと言っても過言ではない程の偏差値となりました。

だたビジュアルだけではなく、パフォーマンスであったり、その他人間性など

様々な部分があり、INIとしてのグループが完成しているので、外見は魅力のすべてではなく、

魅力の一つでしかなく、その他大勢の魅力があってこそのINIだと感じました。

目次
閉じる